WordCamp Osaka 2019 ひとつき遅れのアドベントカレンダー

この記事は「WordCamp Osaka 2019 ひとつき遅れのアドベントカレンダー」21日目の記事です。アドベントカレンダー自体はこちらから。

今回は、懇親会に向けて委員長ズにサプライズをした言い出しっぺとして、いろいろと書いておこうと思います。

なんでサプライズしようと思ったのか

いやはや、細かいことは置いておいて、今回はとっても大変なことが多かったのです。イベントとして大変だったというよりも、謎なやり取りが多くなってしまった格好です。

そんな中で、必ずチェックをしなければならない委員長ズ。そんなポジションの人たちに感謝せず、どうしようというのでしょうか? いや、感謝するしかない。(反語)

しかも私は東京サイドの人。大阪に居る人たちよりはバレずに動きやすいのでは?とGOUTEN氏に相談した次第です。

何をするか問題

サプライズなので、それなりに物を用意しようかなという構想くらいはありましたが、その辺もどうするのが適当かイメージできておらず、相談をしていきました。

とは言え、早々に「酒だ」という話になり、丁度その頃に開催されたMeetUpで、GOUTEN氏が直々に本人に「酒はどんなのが好きなのか」を聞くという流れになりました。

結果日本酒に

日本酒のオリジナルボトルを頼むのはどうか?という話になり、方向性としてはまとまりました。やるべき事は決まったので、デザインチームを巻き込むことにしました。

オリジナルって大変。GOUTEN氏もそれなりのイメージがあったようなので、ディレクションしまくってくれました。

渡し方とか決めてなかった

当日まで渡し方とか決めてなかったんですよね。で、誰が渡すの?みたいな感じになっていたのですが、大阪民ではない私が渡すのもどうかと思い、立候補したりはしてません。ただ、言い出しっぺなので、誰が渡す?みたいな確認をしたら、「おまえやろ」っていうツッコミ同然の意見を頂き、渡し隊となりました。

ついでに他に適任を探してこいといわれ、会場を散策。苦悩の多かった某チームのリーダーheijiさんを捕まえて、更にセッションチームリーダーの堀江さんを確保。我ながらいい二人を捕まえられたと思います。

渡したらいろいろとね

まぁ、一気にこの半年を思い返しちゃいますよね。

決起集会的な「企む会」の時にApple Pencil無くしたんです。私。それ以来ずっと不便だった(買えというツッコミは置いておいて)ワケなんですけど、そんなことから、あんなやり取りもあったとか、こんなこともあったとか、いろいろありましてね。

よくやったなぁと、我ながら思ったらheijiさんと二人で号泣でした。


とまぁ、あんまり中身は無いのですが、この後二日間かけて、GOUTEN氏とともさんが、それぞれこのサプライズプロジェクトの裏の話をしてくれるはずなので、その前振りということで言い出しっぺから記事をあげてみました。

と言う事で、明日はGOUTEN氏です。進行記録をあげてくれるみたいですよ。もう半分忘れてるから楽しみ。(笑)

ではまた数日後お会いしましょう!